teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ゆっくり霊夢です その2

 投稿者:ノコピー  投稿日:2017年10月25日(水)22時43分24秒
返信・引用
  ゆっくり霊夢の続きです  
 

ゆっくり霊夢です

 投稿者:ノコピー  投稿日:2017年10月25日(水)22時42分9秒
返信・引用
  ゆっくり霊夢の画像です  

マリサの画像をupしてます 2

 投稿者:ノコピー  投稿日:2017年10月24日(火)11時50分29秒
返信・引用
  その2です。
台座部分が未完成ですが、マリサ本体はほぼ完成しました。
作るのは大変ですが個人的には夢があるとおもいます
(*^^*)
 

マリサの画像をupしてます

 投稿者:ノコピー  投稿日:2017年10月24日(火)11時47分36秒
返信・引用
  こんにちは(*^^*) 東京のノコピーです!
マリサの画像をUPしています。
先ずはその1です。
 

ハイデルスポンプをスイープポンプへ改造

 投稿者:らっきぃずのカズ  投稿日:2017年 9月29日(金)22時24分59秒
返信・引用 編集済
  日田市での水害復興支援ボランティア活動のおり、ポンプで約60mm以下の残水を吸い取ることができなかった反省から、
スイーパー用吸込アタッチメントを製作しました。
NPO団体愛知人様が所有されていたポンプに感銘を受けたので、特に参考にさせていただいた次第です。
せっかく地面にコンクリートを打っておられるお宅が多いので、今更の泥縄式ではありますが・・・^^;


写真1
黒いのがノーマルの吸入口です、円盤みたいのが今回の作品。(とは言ってもホムセンで買った部材を切った貼ったしたものですが。(^^)

写真2
テスト中。うまく行くかなぁ。

写真3
おっ!底が出るくらい水を吸い上げました。過酷な現場の泥水にどのくらい力を発揮できるかは未知数ですが、今度持っていきます。!

http://8111.teacup.com/1999/bbs

 

おお!

 投稿者:らっきぃずのカズ  投稿日:2017年 9月29日(金)21時44分26秒
返信・引用
  さすがノコピー様!
 いや、てっきり高品質、少量生産をされるのかと思っていましたが、高品質大量生産をされるのですね。^^
こちらのkar98kは現在13丁分ほど型抜きを終わりましたが、ノコピー様のとは競合にもなりそうにありませんので次回のワンフェス分はここまでとし、他の製品に注力することにします。
1/12では百式機関短銃と刺突地雷ですね~。災害が起こらなければ他も作りたいです。^^

 銃身が曲がったりは僕も苦労しました。放熱を均一にする目的でシリコン型の厚みを増すことと硬化剤、主剤の割合を電子秤で正確に計り調合することでなんとか解決しました。

 難しいけど物作りは面白いですよねー^^

http://8111.teacup.com/1999/bbs

 

kar98k量産作戦

 投稿者:ノコピー  投稿日:2017年 9月28日(木)00時21分55秒
返信・引用
  こんばんは(^-^)東京のノコピーです!
今度のWFではまた宜しくお願いします!

只今kar98kの量産をしておりまして、4つの完成品
(上の2枚の写真)を使い、4丁一気に作れる型を製作しました。
そこで抜いてみたのが下の写真です。

右が失敗したもの(ジャンク)、左が銃口が曲がってしまったもの、真ん中がとりあえず成功したものです。
なかなか上手くいきませんね(*_*)
 

九州豪雨ボランティア活動、9月編

 投稿者:らっきぃずのカズ  投稿日:2017年 9月17日(日)00時35分55秒
返信・引用
  10日活動した時の写真を一緒に行動しお世話になった方より送っていただきました。
豪雨災害時にはよくある復興支援ボランティア活動の家屋泥出し作業ですが、段取りを簡単に紹介させていただきます。

写真1
床上浸水の場合、フローリングごと床を丸ノコで切り抜きます。
丸ノコは切断深さを調整できるので、下の根太や電線を傷つけないよう、床の合板やラス板の厚さに合わせます。

写真2
床板をバールで外すと根太に釘が残りますので、これも釘抜きかバールで抜き取ります。

写真3
泥をおおよそ取った状態。完了すれば塩化ベンザルコニウム液や消石灰を撒き消毒します。
やっぱり、ジメジメや悪臭の元が無くなると気持ちがいいですね。^^

※他注意すべき点は、
・作業前には家主さんに被害状況の写真を撮ってもらうこと。(家屋の損害保険、補償などでの交渉に必要)
・丸ノコやチェーンソーはキックバックがあるのでしっかり持ち防具もつける。
・床下浸水の場合でも乾燥や清掃が困難な場合は床を切り抜くことがあります。
 

九州豪雨ボランティア活動、お盆編2

 投稿者:らっきぃずのカズ  投稿日:2017年 8月23日(水)23時23分12秒
返信・引用 編集済
  写真1
この度の九州北部豪雨をもたらした台風3号、広島でもお二人が亡くなりましたが一人は知人です。連合艦隊の沖縄特攻に随伴した駆逐艦の乗組員で大和が沈むところを見たという方です。
そういう特攻でも生き残った運や力の強い人でも増水した河川には勝てません。
物や田畠はどうとでも直す事ができますが、人は神様でも生き返らす事ができません。豪雨時には川には近づかず、どうか高いところへ避難してください。(写真は日田市のです)

写真2
8/15 ”鶴の恩返し”様内での作業。床下の泥をかき出し清掃、乾燥の為床板を外すわけですが、人が歩いたり物を置いておくには不便です。そこで合板を裏から角材で補強し取り外し可能な仮設床板を作り敷き詰めました。
やはりいろんな団体さんや人と作業をすると新しいノウハウを吸収でき大変新鮮です。

写真3
昼食に頂いたビーフシチュー。前日プロの料理人がボランティアで振舞ってくださったものだそうです。生活がサバイバルな僕はこんなの初めていただきました、実にありがたいことです。
その折、ベテランボランティアさん達との雑談で、被災者の方々へのメンタルケアの重要性が話題に上がりました。年月が経過した他県の被災地では悲しい出来事も発生しているとの事です。
ただ、予防法は大仰なものではなく挨拶をしたり、被災された方の話を聞くといった事だそうです。
話を聞く事ならできるという、ボランティア活動志望者もいるのでは。
日田市は地下水が豊富な為か温泉と飲料メーカーが軒を連ね焼きそばは日本一と評されたそうです。東峰村は陶器が見たこともない白と縦線のグリップ(?)のが豊富ですし、朝倉市は豆が美味しかったです。(もっと滞在すれば更に良い所があるでしょうけど)。観光も兼ねて聞き役ボランティアにいらしてはいかがでしょう?

また、水位跡からしてこれまでにないくらいの豪雨だったようです。
広島県人としては三年前の広島土砂災害より降水が多いことはあり得ないし信じたくないとの感が強いのですが、常識を覆されました。
地盤が弱く急傾斜地の多い当県で同じ降水があれば、更に悲惨なことになっていたと思います。広島県人は後学のためにも多くの人が北九州にボランティアに行くべきだと思うのですが・・・。
 

九州豪雨ボランティア活動、お盆編

 投稿者:らっきぃずのカズ  投稿日:2017年 8月23日(水)23時11分23秒
返信・引用 編集済
  8/14 ご教授のおかげで、今日も活動している日田市の大鶴地区のボランティア活動を知り、仲間に入れて貰う為伺いました。

写真1
前回の北部地区から14km程離れたここでも、水は十分な幅や高さのある橋を乗り越えていました。常識はずれの豪雨が起こる昨今では日本のどこでも起こりうる事と言えるでしょう。

写真2
作業に忙しく熱中してしまう事や、初めて来る土地への興味でつい忘れてしまうのは行方不明になっ方や亡くなった方への哀悼の意です。
家族が行方不明の方は、愛する人の生死を希望と絶望を共に想像し、どんな形でも一刻も早い帰りをお待ちになられている事でしょう、察するに余りあります。
ここには竹で作ったロウソクたてに被災された方々への励ましや様々な言葉が書いてあります。

写真3
申し訳ないので清掃前の写真は撮りませんでしたが、1.6mくらいの高さまで泥がこびり付いていました。ボランテイアに来てくれた皆の力でかなり綺麗になるものです。もっとも、範囲が広いですから復興に年数はかかるでしょうが。
 

レンタル掲示板
/42