teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ルーツ

 投稿者:座間 伸一  投稿日:2016年 5月16日(月)00時41分12秒
  福島県の座間です。親父の親父は元は東京に住んでいて、戦時中に鎌倉に引っ越して、親父の兄貴が鎌倉でウナギ屋をやっています。お墓は、鎌倉の長谷寺の近くにありますが、東京から移したものであるとの事です。でうちの親父は横浜戸塚にいたのですが、福島に会社が移転したため福島に住むようになりました。小生は、福島県の会社に就職したのですが、会社が戸塚に移動となり、現在は新川崎に住んでいます。  
 

(無題)

 投稿者:仙台のオザマ  投稿日:2014年11月 3日(月)21時53分26秒
  何年か前の書き込みにもありましたが、山形県天童市には何軒か固まって小座間姓があります。
そこから流れて東北各地、東京などにも小座間姓がいるようですが、山形県天童市のある地域にのみ存在する少ない苗字のようです。
オザマの家紋はカタバミ、丸にカタバミ等あり、我が家は丸に剣カタバミでした。
カタバミの家紋はありふれているといえばそれまでですが、もしかしたら座間さんと関係があるかもしれない…?と思います。

『日本姓氏語源辞典』にも山形県天童市にいるとしかかかれておらず、詳細を求めてここにたどり着きました。だれか関連情報をご存知の方は教えてくださるとうれしいです。
 

座間氏

 投稿者:hiro  投稿日:2014年10月21日(火)21時12分13秒
  後北条・小机衆の座間氏について調べています。何か参考になる資料があれば教えてください。  

教えてください

 投稿者:探求してます  投稿日:2013年 9月15日(日)12時00分12秒
  以前、野火様のサイトに、「祭神 鈴鹿明神社と座間神社」が載っていたと思います。今は消されてしまったのでしょうか?
記事を読みたく、よろしくお願いいたします。
 

(無題)

 投稿者:滋賀の座間です。  投稿日:2013年 4月20日(土)23時09分16秒
  滋賀県に座間さんは私以外に居ますか?  

国民はもう騙されない!

 投稿者:大井 博  投稿日:2012年12月 6日(木)11時02分48秒
  <国民は騙されてはいけないー既成党の堕落はないか>
 いよいよ日本の未来を方向付けする重要な衆議院解散による選挙戦が展開中で、多政党に分かれた政策を多角的に吟味する国民の選択が始まった。
 政権与党の民主党と前政権の自民・公明両党が解散前に展開した、国民を放っておきにした“茶番劇”はまだ怒りとともに忘れられないが、ともあれ国民に信を問う国政選挙なのだから、国民はここで襟を正して投票に臨まなければならない。
 思い起こそう。3年余前の政権交代選挙では、世論調査で民主党が政権奪取の可能性が強くなった頃から、同党代表だった小沢一郎氏への政治資金違反事件が検討され出したことが想像でき、突然掲載された読売新聞1面トップの特ダネ記事でマスコミ各社がいっせいに、真相解明というよりまるではしゃぐように動き出したのだった。小沢代表はそれから以後、政治的には事実上両手を縛られたも同然の身となったのは周知の通りだ。
 アメリカなら政権交代したら「新政権のお手並み拝見」となるのが政治のルールなのだが、日本では旧政体の利権グループが早くから追い落としの策謀を練ったのは想像にかたくない。後に司法の内部から情報のシッポが漏れ出てきたのは記憶していよう。
 こうした経緯を思い起こし、今度の選挙ではいわゆる“第三極”の新政党をも重視した選択が決定的に大事になる。橋下・大阪市長の率いる維新の会は、突然の解散という既成政党からの先制パンチにうろたえて、パフォーマンス志向の強い前・石原都知事を呼び込んでしまって底の浅さを露呈した。
 ここでは消去法で、力を溜めた実行力のある充分可能性を秘めた政党を選んでゆくのが日本の真の発展につながるのを自覚しなければならない。投票先は、特に名を挙げずとももう自明の理であろう。
 国民は、もう騙(だま)されてはいけないー。
     □   □   □
<参考関連コメント>
 なぜ小沢氏が狙われたか? 無罪判決で決着した裁判で争点となっていたのは、秘書が資金の記載時期を契約時の日付とは違い支払った日付で記載したと言う事だったと記憶する。この手の事は修正手続きで済む話であり、逮捕・起訴したこと自体異常だったとしか思えない。 その当時、他の議員の不正経理や違法献金などが続発していたことの方が遥かに悪質だったのであって、違法性や違憲性などがより高いとか、現職の閣僚が暴力団関係者との付き合いがあった等証人喚問ものの事件が発生していたにもかかわらずこちらは放置しっ放しでしたから…!
 …で、今でもなお、マスコミの情報操作に振り回わされてしまう自分がここに居るー

 

鷹番塚とワカサレイ

 投稿者:星野  投稿日:2012年 8月19日(日)07時27分11秒
  私の実家は星の谷で三峰神社の麓です。
母は下栗原の出で、鷹番塚やワカサレイと云っていたのを思い出してここに辿り着きました。
地元民ですが知らない地名が多いので地図を載せていただけると有りがたいです。
 

残間は座間

 投稿者:野火  投稿日:2012年 5月25日(金)13時56分38秒
  奥州では仙台出身の残間里江子さんが有名ですが、仙台には残間と座間が混在しています。
美濃にも千葉県のいすみ市にも残間、座間の混在がみられます。
詳細については小生のHPをご覧ください。

http://www.ne.jp/asahi/zama/nobi/

 

ルーツ

 投稿者:残間昭彦  投稿日:2012年 5月25日(金)11時45分2秒
  偶然、面白いサイトに辿り着きました。
つまり、座間氏の起源は6世紀ころに始まり、後の戦国期ころに我が名「残間(ざんま)」が派生して伊達家に仕えた……という概ねの理解で宜しいのでしょうか。
私自身は新潟の出身ですが、たしかに、先祖は明治以後に福島から移住したものと聞いておりますので、やはり皆さん方と同じルーツを辿るのでしょうか。
実に奇縁ですね。

http://www.sweden-loghouse.com

 

万里の防潮堤を!

 投稿者:夕凪ぎメール  投稿日:2011年 7月 6日(水)21時23分50秒
  大和民族生き残りが問われる大震災復興構想計画
<万里の防潮・長城を三陸海岸に築こう!東北沿岸の複数拠点に防災型超高層ビル建立を!>
★「高台移住」と「中空楼閣」の組み合わせを!
   「早く、早く 高台によじ登れ!津波が迫っているぞ」。…絶叫の声がまだ耳に残る。住宅地は高台へ移そうー無理もないが、ちょっと、待って。日本の高い科学技術を活かした改革は無いものか。 あった!中国・四川省の復興の図だ。中高層の共同住宅ビル群の林立の映像を見た方も多かろう。この日本版を描いてみる。
 被災地の東北地方沿岸部にある大きな入り江数ヵ所の中心部に、わが国建築技術を結集した多極的な超高層ビル数棟を建設する。これは、大津波の圧力に耐えられる堅固な構造で、一案として、長崎の軍艦島を高層化したような形の青写真もひらめく。へさきを太平洋に向けて聳えている。その建設地の地盤は、液状化対策で世界をおどろかすような、安全で磐石な土建法を早急に発案して、十分余裕を持った足がかりとする。
 各地拠点ビル群には、行政機関も中にいれ、民間の本社、本部を収容する。日本の先端技術のセンター化にも最適である。いわば、東京の六本木ヒルズ数本が立ち並ぶ姿を考えてみる。もちろん、天災再発の際の避難に備えて、非常時の物品がそこに用意される。
 中国に残される万里の長城を沿岸一帯に建て巡らす構想で建てられた、高さは25メートルの堅固な防潮壁(粘着型2隊列タイプもあり、築港計画含む線引きで)に守られた三陸海岸周辺地には、水産加工業を含めた環境型工場群が置かれ、中間に漁民も含めた住宅地を区画する。内陸部の都市計画としては、拠点タワービル棟を中核とするほか、大東亜戦争敗戦時に引かれたダイナミックな名古屋市再建図が参考になろう。
  具体化へは、各地の特徴を精査し、湾岸拠点地と高台移住地とを選りすぐった複合計画が立案されよう。
 注目すべきは、これらの青写真作成の際、現在の行政区画は念頭に無いことで、法制、税制など諸制度は「特区」扱いとなり、事実上、本当に「独立東北国家」が現出するのだ。
 特記したいのは、この構想のハード面を受け持つ建設主体は、公正なゼネコン共同体を中心に、関係自治体、あらゆる民間業界の総参加型体制をがっちり組むことが必要である。膨大な費用と表裏をなすわけだから、利権がはこびるスキを与えない、これが構想の成否を分けるといって過言ではない。大東亜戦争敗戦前に当時の内務省が密かに練った荒廃の首都・東京復興案が、翻弄されて未遂に終わってしまったテツは二度と踏むまい。
 後藤新平氏や戦後名古屋市長を挙げるまでもなく、だからこそ、最強力なリーダーシップが求められる所以である。
 いまの日本の科学、文化レベルからして、以上の構想はけっして空想などではなく、英知を結集すれば実現可能な価値ある提言と確信する。オール日本、大和民族はいま、決断すべきときーー。

    ◇        ◇        ◇

 現代の「後藤新平」は、岩手に雌伏する大器・小沢一郎をおいてない。いまを生きる日本人では、上記大改革を遂行できる器のひとは他に誰も居ない。産業界、政界、官僚らをぞろり束ねて駆使できる人材……だ。未曾有の惨禍を復活させる復興庁長官かポスト宰相に小沢を選出することが王道であるのを、賢い日本人はまもなく気付く、いな気付かねばならない。
 政権交代実現後、検察・官僚とマスコミからの反攻にあって、事実上政治的に御用となってしまった手足の縛り目を、誰にも解決できないこの大事の前に早急に解き放って、精根を尽くしてもらおう。
 惨禍が放置されたままはや4か月、ガラクタと化したこの東北の地を、誰が真に骨身を削って、被災の民・避難の民らと一緒になって、血まみれ泥まみれになって再建できるのか。考えてもみられよ、ずーずー弁の小沢氏こそが荒野に挑むことができるただ一人の人だ…と。ほとんどの政治家がまるで他人事のように、緊張感がなくふやけた姿勢でいるのを庶民は既に知る。
 いま、白羽の矢を現代日本最大の実力者、東洋の大人の頭上に。有史以来のこの不幸な時代に、列島のサイコロの目がこの方の両肩の上に重なっているのを知るべし。
 あえて言えば、未曾有の危機・荒廃に面して、政府も民間も、「下手な考え」の吊るし柿や重ね餅をこね回して、結局何もできない事態を招くより、偉人傑人のみが持つ独創力、爆発力を盛り立てていくことこそが、日本復活のカギをにぎるのをもう一度銘記しなければならない。

★決然と起て!憂士・小沢一郎 天佑の時は至れり 悲嘆する東北の民が待つ 失意する大和民族が渇望する 世界中が変転を注視する 天医を侍らせつつ平成の維新を完遂せねばなるまい あるいは生命との競争となろう 一千万人といえども吾往かん!
 

レンタル掲示板
/11