teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 作業進行(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:km  投稿日:2011年 9月23日(金)19時38分39秒
  遅くなりました、774様、情報有難う御座いました。
ORYU様、サイトの再開を心待ちにしております。
 
 

ご来訪の皆さま

 投稿者:ORYU  投稿日:2011年 9月20日(火)19時35分13秒
  ハッピー様、ヒロ様、km様、774様はじめまして。
消えてしまいましたが当サイト運営者のORYUです。
当サイトの内容は1ページ残らず保管してあります。
その日がやってきましたら新装公開の予定です。
よかったらまた遊びにいらしてください。
お待ちしております。
 

(無題)

 投稿者:774  投稿日:2011年 7月29日(金)01時24分15秒
  kmさん、infoseekのサービスは停止しましだがアーカイブにログが残っていました。
http://web.archive.org/web/20080214102841/http://youseisakusen.hp.infoseek.co.jp/

私は「イリヤの空」の元ネタという話を聞いてこのシリーズを最近読んでみましたが、
主人公らが無敵で能天気すぎ、かつ敵側の無能さがあまりにも目立ったので、
登場人物らに感情移入することが出来ませんでした。
とある感想サイトでも「主人公達がチート能力過ぎて緊張感が無い」というような事が
書かれていました。

私の好きな作品を例に挙げて言えば、前述の「イリヤの空」や「宇宙の戦士」
「エンダーのゲーム」の様な、「主人公が自身の状況にもがき苦しみながら
舞台世界がかっちりとした結末を迎える」展開を期待していたので
あの結末にも不満が残りました。

「うる星やつら」や「究極超人あ~る」の様な、昔懐かしいドタバタ学園物
としてはおもしろかったです。
 

(無題)

 投稿者:km  投稿日:2011年 6月27日(月)21時50分37秒
  初めて書き込みいたします。
バングさんの「妖精の巣」というサイトを拝見してORYUさんの「妖精作戦ファンサイト」を
探していたら、ここにたどり着きました。「妖精の巣」の中の
「「妖精作戦ファンサイト」の妖精コラムを参照して下さい。笹本先生のラストシーンの真相が明かされています。」の一文が気になって仕方ありません。サイトが消失しているようで残念です。どなたかこのコラムの内容をご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか
 

(無題)

 投稿者:ヒロ  投稿日:2010年10月16日(土)23時15分37秒
  フトまた訪れさせていただいた妖精作戦ファンサイト。

空想科学系不良文学の一翼を担う「妖精作戦」が相変わらず好きです。

と、一言どうしても言いたかった。
 

驚きです

 投稿者:ハッピーメール  投稿日:2010年 9月18日(土)14時39分8秒
  こんなにも妖精作戦シリーズのファンが居るとは思いませんでした。嬉しい限りです。
私は初版本を買って未だに持っています♪時々読み返していますよ。
笹本先生とは同年代で、当時同じ歳の人がこんなに面白い小説を書いていることに驚きと感動を覚えたものです。しかも構想は高校時代だから恐れ入ります。
ファンが自分一人だけではないというのを知って、嬉しいやら寂しいやらですが、いいことだと思います。
 

新学期

 投稿者:ORYU  投稿日:2010年 3月21日(日)12時04分17秒
  いよいよ春ですね。妖精作戦を84年とするなら26年目の春です。

>成ブーさん
書き込みは拝見していました。ご無沙汰をしています。
図書館戦争の有川浩さんは笹本先生のファンを公言していますから
読むとどこか懐かしい空気感があるかもしれないですね。
また遊びにいらしてください。

>Mu2さん
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
長いことレスも返さずすみません。
牛歩のように地味に地味にサイトを再構成しています。
よかったらまた訪れていただき、新発見をいただけると嬉しく思います。
再度の訪問をお待ちしております。
 

思わず

 投稿者:Mu2  投稿日:2010年 3月 5日(金)00時05分17秒
  なぜか突然、頭の中に「妖精作戦」のタイトルが浮かび「懐かしいなぁ、現在でも本は手に入るんだろうか」と思い、ネット検索したらこのサイトを発見致しました。
私が持っていたのは初版本で、挿絵はかの巨匠、平野俊弘氏のものでした。
学生時代はベッドの棚に常備されていた文庫本の1冊で、数え切れないぐらい読み返した記憶があります。
一人一人のキャラクターが立っており、物語のスピード感、ありえねぇ感は未だ色あせず、特にタイトルにもなっている1冊目が笹本小説の中では大好きでした。
バイク乗りになったのも、この小説の影響があるのやもしれません。
いや~、ホントに懐かしい。
今は手元にありませんが、何とかして手に入れたいものです。
駄文、長文、失礼しました。
管理人さん、頑張ってサイト続けてください。影ながら応援しています。
 

お久しぶりです

 投稿者:成ブーメール  投稿日:2009年 9月27日(日)16時22分39秒
  こんにちは、ずいぶんとごぶさたでしたが、俺はといえば相変わらす手広く色々な物に手ぇやら何やら突っ込んで、方向性大丈夫か、俺?なんて思ってましたが、最近ハマっている有川浩の図書館戦争シリーズ、その作中に登場するという設定の「レインツリーの国」俺がインターネットにはまるきっかけとなったのもこのサイトだったんで、「おやぁ?この感じどっかで・・・」是非読んでみて下さい。青春菌保菌者として先輩後輩の方々に!一生免疫なんぞつけてやるもんか!  

地味に

 投稿者:ORYU  投稿日:2009年 8月 3日(月)08時34分0秒
  おはようございます。管理人です。地味に地味に更新を始めています。
訪れてくださるかたのご満足いただける構成になるといいなと思います。
 

レンタル掲示板
/11